新しい

初めて演奏する曲を初めてのメンバーで演奏するのは、
なかなか心が擦り減る。
ひとりで練習してるときは叩けることも、
初めてみんなで合わせてみると叩けなかったりするし、
こんなことで本番どうするんだろう
と真剣に凹んだりもする。
実際本番怖いし。
でもこれまでやってこれたし、
多分やれるんだろうなという思いもあって、
心が擦り減る。
僕にはこういう心を擦り減らす機会がとても大事で、
これまでそうやって凹みながら
怯えながら練習して乗り越えてきたように思う。
だから新しい現場はとてもありがたい。

明日はセカイイチリハ。
明日も新しい気持ちでドラムを叩こう。

よしざわ

2件のフィードバック

  1. はまちゃん より:

    響さんは冷静で努力家、臨機応変だと勝手に思っているので、“本番が怖い“なんて驚きでした。
    そんな胸の内を知ったからこそ、次のライブでは私も新しい気持ちで響さんの音楽を聴きに行きますね。益々楽しみです。

    • Kyo_Yoshizawa より:

      いやー、臨機応変にできたらいいんですけどね〜
      まだまだがんばらんといかんですよ、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です