目的と手段を

個人的に、ドラムにおいて、テクニックは必要だけど、
テクニックが人を感動させるわけじゃないなと思う。
ある水準の腕は絶対に必要だけど、
でもそこから先は、持ってる技術をどう使うかである。
長い目で見るとプレイの質を上げる努力をする、
現状で言うと持っている技術でできるだけ楽曲の役に立つ努力をする、
ということになる。
そんなハイパーなテクニックがなくても
聴く人の心を動かす演奏はできる。
目的と手段を履き違えちゃいかんね。
こっちはこっちで信念と哲学を持ってやってますんで。
雑音はスルーしますので、よろしくどうぞー

よしざわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です