一番怖いのは

今日はひとりでスタジオ。
音を録ったりアレンジしたり。

最近できたうちの近所のたい焼き屋。
謎の老舗感。

コロナが現れて
仕事が本当になくなって、収入も減ったんだけど、
でも一番怖いのは
お金がないことじゃなくて叩く場所がないことだ。

今よりちょっと前。
自粛期間中は闇雲に仕事を新しく作っていて、
それはどうにかお金を得るためだと思っていたけれど、
(もちろんそれはそうなんだけど)
でも結局叩く場所を守りたかったのである。

誰かに必要とされてドラムを叩くこと
ドラムを演奏してお金を生むこと
深く関わっているけれど、関わっているだけで、
全くの別物である。
もともと知っていたはずなのに
今日初めてそれを発見したみたい。
自分の中ではコロナは去ったのかな。
誰と何をするかで僕は動く。

よしざわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です