存在の軽さ重さ

今日は新宿ロフトプラスワンで木下百花配信ライブ。
僕はカホンを叩いてきました。

久々に合奏できてとても楽しかったなぁ。
ももかさんもええ歌うたってた!

ライブとはいえ、無観客配信ライブだったので、
会場はスタッフのみでガラガラ。
それでも人前で演奏できるというのが、
とてもうれしかったです。

コロナのせいで、これまでのような活動ができなくなり、
新しいやり方を模索する中で
いろいろなところとやり取りすることが増えた。
僕は完全にフリーのミュージシャンなので、
事務所やレーベルに所属しているミュージシャンよりも
フットワークが軽いし、
でもスタッフがいないために
自分自身がノーガードで動くことになるわけで。
それが原因なのかなんなのか、
舐められることもある。
相手にとっては存在自体が軽いのだろうな。
すげー苦い顔をしながらメールを返信して、
話を進めるケースもある。
確かに僕は楽器を演奏する人であって、
裏方のプロではないのでね。
そういう意味では仕方ないのだけど、
でもなーと思う。
まあいいんだ、話が進めば笑

ちょっと前にハシダくんが、
「どんなやりとりでも相手がポールマッカートニーだと思って返信する」
みたいなことを言っていて、おもろいなと思った。
もし相手が本当にポールなら絶対素早く丁寧に返信するよな笑
逆に言うと、
苦い顔をしながら読まなきゃいけないメールをもらううちは
まだまだだってことなので精進します。

いろんなことがあっても人と演奏するとスカッと吹き飛ぶし、
やっぱり僕は演奏だけしていたい。
きっと自分でもそこに存在意義を見出しているのである。
いや、当然か。

明日もリハがある。
少しずつ、ほんの少しずつ日常が戻りつつある。

よしざわ


●ライブスケジュールはこちら→LIVE INFORMATION
●レッスンに関してはこちら→LESSON

2件のフィードバック

  1. 阿久津 裕子 より:

    響さんのように、ベテランで実力もおありになる方が、そんな風に扱われることもあるなんて、とても理不尽なことですね。私は20歳から経理事務をしていますが、お金を動かす立場の方は、だいたい理不尽なことを言われます。でもいちいち怒ってたら仕事になりませんから、なるべく丁寧に扱いませんとね。そうやって45年仕事してきました。誠実な気持ちで接していさえすれば、相手が変わらなくても、周りが理解をしてくれるようになります。確かに、相手をポールと思って、というのも一つの手ですね。響さんには、誠実さも、向上力も、後輩を育てる力もおありになるから、きっと良い方向に向かっていますよ! 
    そして響さんたちが、楽しい演奏でスカッと気持ち良くなってくだされば、私達ファンにとっては、素晴らしいライブが経験出来たことになるのです!!
    早くみんなで集まれるようになったら、どんなに楽しいことでしょうね。何ヶ月分が一度に弾けますね!!
    静岡県では、もうだいたいの日常が戻りつつあります。きっともう少しの我慢です。

    先日お誕生日のお祝いをインスタのコメント欄に送ったら、慣れないので何行かに別れて送信してしまい、まとまり無く、すみませんでした。でもお返事くださってありがとうございます。ライブ楽しみに頑張ります。

    • Kyo_Yoshizawa より:

      僕は本来バンドマンで演奏するだけの人なので、
      裏方業務はプロではないのですよね。餅は餅屋といいますか。
      裏方でちゃんとやってる方からしたら、
      何も知らないくせに・・・みたいな思いもあるのかもしれません。

      インスタでもコメントくださってありがとうございます!
      早くライブしたいですね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です